宝酒造 HOME >  お酒おつきあい読本 >  お酒を語る:お酒はコミュニケーションツール

お酒おつきあい読本

お酒を語るお酒はコミュニケーションツール

お酒を楽しむことで、人と人とのつながりを深いものにする。
まさにお酒はコミュニケーションツール。

世界各国では様々なお酒が飲まれています。日本と同じように世界の国々でもお酒が人と人とをつなぐ大切なコミュニケーションツールになっていることは言うまでもありません。

私たちの身の回りを見てみると、パーティーや年末年始、冠婚葬祭などの行事はもちろん、仲間との宴席や接待、同窓会などでは必ずと言っていいほど、テーブルにはお酒が用意されています。それほど、人々の生活の中にお酒は深く関わっているのです。

西洋のことわざにこのような言葉があります。

『In wine there is truth』

これは「酒は本心を表す」という意味です。

確かにお酒の席では、本音で話しやすいことが多いです。それは、お酒にはストレスや緊張を和らげる効能があるからでしょう。こういった効能から、お酒はビジネスの場面でもコミュニケーションツールとして活かされています。

お酒を楽しむことで、人と人とのつながりを深めることは、現代社会におけるコミュニケーションツールとしての役割をお酒が担っていると言えるでしょう。