宝酒造 HOME >  お酒おつきあい読本 >  お酒を飲むときに気をつけること:適量飲酒

お酒おつきあい読本

お酒を飲むときに気をつけること適量飲酒

常に「適量飲酒」を心がけることが大切です。

適度な飲酒は、血液の循環を良くし、体の疲れをいやしてくれます。それでは一体、適量とはどれくらいの量なのでしょうか。
アルコール健康医学協会では、適量の目安を日本酒180~360mlとしています。焼酎にあてはめると100~200mlになります。ただし、これはお酒に強い男性の場合であり、個人差があることは言うまでもありません。

体重60㎏の人が1時間に処理できるアルコールの量は7gと言われています。
「アルコールの代謝」参照)
3時間で処理できる量を1単位と考えると、適量とは1~2単位と言い換えることもできます。参考までに、下表にそれぞれのお酒の1単位の量をまとめました。

また、お酒を飲むときの体調によっても適量は変わります。そして、アルコール度数の高いお酒は、ストレートより水割りや炭酸割りなど薄めて飲むのがおすすめです。

酒類別の「1単位(アルコール約21g)」の目安量

酒類 アルコール度数 容量
日本酒 15% 180ml
焼酎 25% 100ml
ビール 5% 500ml
ウイスキー 40% 60ml
ワイン 12% 200ml