宝酒造 HOME >  お酒おつきあい読本 >  絶対にNo!:妊産婦飲酒

お酒おつきあい読本

絶対にNO!妊産婦飲酒

妊婦に安全な酒量はありません。
妊娠中にお酒を飲むと、お腹の赤ちゃんもお酒を飲んだ状態に!

妊娠している女性がお酒を飲むことは、お腹の中にいる胎児にとって、とても危険な行為です。
妊娠中にお酒を飲むと、胎盤を通してお腹の赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になり、場合によっては、「胎児性アルコール症候群(FAS)」を引き起こすことがあります。

「胎児性アルコール症候群」の赤ちゃんには、知能障害、発育障害、顔貌障害などの症状が見られます。
また、このような典型的な症状が出なくても、注意力や記憶力などに影響が現れる可能性があります。

授乳期も同じこと

授乳期にお酒を飲むことは、母乳を通して赤ちゃんにお酒を飲ませていることと同じなのです。

妊娠中・授乳期間中は、自分一人の身体ではありません。あなたの身体と一緒に成長している命があるのです。大切な子供の未来のため、妊娠中、そして授乳期間中は絶対にお酒を飲んではいけません。