宝酒造 HOME >  お酒おつきあい読本 >  宝酒造の取り組み

宝酒造の取り組み

適正飲酒啓発活動

宝酒造は、適正飲酒をすれば、お酒はストレスの緩和やコミュニケーションを円滑にするために役立つものであると考えています。酒類を製造・販売する企業として適正飲酒の推進は重要な責務であると考え、20年以上前から啓発活動に取り組んでおります。

1984年 未成年者の飲酒防止を啓発する「はたちまでストップ」企業広告を実施。
1985年 「Say Noキャンペーン」を提唱し、さまざまな形でメッセージを発信。
適正飲酒啓発冊子「Say No 読本」を発行。
1988年 新聞・雑誌広告において、「いい飲み方、あなたと考えたい」という適正飲酒啓発メッセージを告知。
1995年 「Say No 読本」を改訂し、「Say No! press」を発行。
未成年者飲酒防止、飲酒運転防止のための注意表記を製品に表示。
ソフトアルコール飲料(チューハイ等)の誤飲防止のため、〈お酒マーク〉を製品に表示。
2004年 妊娠中や授乳期の飲酒に関する注意表記を製品ならびに新聞・雑誌広告に表示。
環境教育活動「TaKaRaお米とお酒の学校」において、親子で学べる「適正飲酒のためのプログラム」を実施。

Say No 読本

適正飲酒に関する注意表示
適正飲酒に関する注意表示

ユニバーサルデザインへの
取り組み

1995年に国内で初めて、タカラcanチューハイシリーズの缶ぶたに点字で「おさけ」の表示を入れました。2002年には、国内で初めて酒類紙パック製品のキャップにも同様の表示を入れました。

缶ぶたやキャップに点字を表示
缶ぶたやキャップに点字を表示

宝酒造は、今後も上記のような取り組みを継続するとともに、常にお客様のご意見に耳を傾け、皆様の健康的で豊かな生活の一助となるような商品・サービスの提供に努めてまいります。