トップページ >  環境活動 >  宝酒造 田んぼの学校 > おうちで田んぼ体験(バケツ稲) >  稲を育てるポイント (7月)

おうちで田んぼ体験(バケツ稲)

稲を育てるポイント (7月)

7月は中干しで、稲を元気にします。

バケツ稲の場合、中干しの目的は酸素供給と根の張り方を強くするために行ないます。

[1]バケツの水を抜きます。
[2]表面が乾き、ひび割れが出るくらいまで置いておきます。 (竹ぐしなどを使って、穴を開けると根元まで空気が入り易くなります。) ただし、根が乾いてしまうと枯れてしまうので注意が必要です。
[3]中干し中は、軒下に置くかビニールシートを掛けて雨に当たらないよう管理しましょう。 ただし、中干し中に稲の元気が無くなったり、葉の色が黄色くなると水不足の信号ですので、中干しを中止することをお勧めします。
[4]中干し後は、常にバケツの水を切らさないよう、水遣りに注意します。 深さは5㎝ぐらいを目安にします。
ただし、3㎝ぐらいまで減ったら継ぎ足すようにして、急激に水温が下がらないよう注意しましょう。

image

支柱を立てましょう

コシヒカリは稲が40㎝以上になったら、丸型リングつき支柱で、稲が倒れにくくする工夫をしましょう。
日本晴は、茎がしっかりしていれば、支柱はしなくても済みます。
支柱をしなくても収穫はできますが、支柱をしておけば予想外の雨や風に当たっても安心です。

image

鳥の害に対する準備

7月ぐらいからは、鳥が穂を食べてしまうのを防ぐ対策をしましょう。
支柱にきらきら光るカラーのテープを四方にぶら下げて、風が動くようにします。
穂がかなり付いたら、網をかぶせる方法もありますが、小さな穴でもスズメは入ってしまうので、細かい網目の網を選びましょう。

image

  • 収穫までの流れ
  • おうちで田んぼ体験(バケツ稲)TOP