トップページ >  お客様相談室 >  Q&A

しぶぬき職人を使って、柿の渋抜きをする方法を教えてください

(1) しぶぬき職人を浅い容器に入れ、柿のヘタ部分を約10秒浸します。
(2) ヘタにしぶぬき職人を浸した柿をビニール袋に入れ、空気を抜いて密閉し、ヘタ部分を上にして、直射日光の当たらない温かい部屋に約5日程度置くと渋が抜けます。

※柿の種類や状態、保管温度によって、渋が抜けるのに5日以上かかることがあります。
  • ※400文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。
  • ※いただいたご意見に関するこちらからの返信は行いません。
  • ※ご記入いただいた内容については今後の掲載内容の改善に利用させていただきます。

ご質問を検索する

キーワードからさがす
商品ジャンル
内容

お問い合わせ

  • お電話

    075-241-5111
    受付時間/9:00~17:00
    (土・日・祝日を除く)

    ※お客様とのお電話は、お客様への応対に正確を期すため、録音させていただいております。

  • メール
  • お手紙

    〒600-8688
    京都市下京区四条通烏丸東入

    宝ホールディングス株式会社
    お客様相談室

閉じる