本格焼酎について
本格焼酎とは?

自然の産物のみを使い、造られたこだわりのお酒
〜本格焼酎〜

焼酎はウイスキーやウォッカ、ブランデーなどと同じ蒸留酒です。蒸留酒とは、原料を発酵させて造った醸造酒を、さらに蒸留させて造るお酒です。麦を発酵させてから蒸留したものがウイスキーに、ブドウを発酵させてから蒸留したものがブランデーになりますが、焼酎は実にさまざまな原料から造られるお酒なのです。
焼酎はその製造方法により「焼酎甲類」と「本格焼酎」(焼酎乙類)の2つに分類することができます。
「焼酎甲類」は、連続式蒸留機を使用し、何度も蒸留を繰り返して純粋なアルコール分を取り出すことにより造られる焼酎で、ピュアな味わいが特徴です。ロックやストレートはもちろん、お茶やジュースなどのミックスベースとしても楽しむ事ができます。
「本格焼酎」(焼酎乙類)は、まず米や麦などから麹を作り、次に米、麦、芋などの原料を入れて発酵をすすめ、出来上がった醪(もろみ)を単式蒸留機を使って、じっくりと蒸留していくことにより造られる
焼酎で、原料の風味が非常に豊かで、味わい深いことが特徴です。


産地の誇りを映し出す本格焼酎
焼酎は同じ原料を使っても、産地、麹や酵母の種類、蒸留方法や貯蔵熟成方法等の違いによって、まったく違った風味を造り出せるのが特徴です。
また、スコットランド製のウイスキーを「スコッチ」と呼ぶように、地域名がついた本格焼酎も存在します。熊本県球磨地方で、米と地元球磨の水で造られる「球磨焼酎」や長崎県壱岐地方の水を使用し、米麹1に対して麦2の割合で仕込む「壱岐焼酎」がそれにあたります。また、タイ米を原料として黒麹の全麹仕込みで造られる沖縄の「琉球泡盛」も本格焼酎に含まれます。

ぜひ一度、じっくりと本格焼酎の味わい深さを楽しんでみてください。産地ごとの文化や風土を、全身で感じることができ、あなたを至福の時に誘ってくれることでしょう。



 | 宝酒造Home | こだわり蔵Top |

宝酒造株式会社 Copyright TAKARA SHUZO CO., LTD. All Rights Reserved.
お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁じられています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
飲酒は適量を。のんだあとはリサイクル。