宝酒造 HOME >  商品紹介 >  調味料(本みりん・料理清酒) >  お料理レシピ >  レシピ

お酒のちからでもっとおいしく お料理レシピ

とうがんと鶏肉の煮物

とうがんと鶏肉の煮物


※カロリー、塩分、糖質は1人分です。

お料理ポイント

だしとお酒、みりんを合わせた「八方だし」で野菜の煮物を一段とおいしく

材料

(4人分)
●鶏もも肉・・・1枚
●とうがん・・・約600g(正味400g)
●八方だし*・・・800ml
【A】
●うす口しょうゆ・・・大さじ2
●しょうゆ・・・小さじ2
タカラ本みりん・・・大さじ2
タカラ「料理のための清酒」・・・大さじ2
●かたくり粉・・・適量
●しょうが(すりおろす)・・・40g

*八方だしの材料とつくり方 (でき上がり約800ml)
だし1ℓを温め、タカラ「料理のための清酒」55ml、タカラ本みりん30mlを加えてひと煮立ちさせる。削り節20gを加え、アクを取りながら10〜15分間煮出してこす。

作り方

(1)鶏肉は余分な脂を取り除く。表面加工のしてあるフライパンを中火で温め、油をひかずに鶏肉の皮側を下にして入れる。こんがりと焼き色がついたら取り出し、粗熱を取って、縦半分に切ってから1p幅に切る。
(2)とうがんは4p幅の扇形に切り、種とワタを除く。緑色が残るように薄く皮をむき、皮のほうに斜め格子状に浅く細かく切り目を入れ、1p厚さに切る。
(3)鍋に八方だし、(2)を入れて中火で煮る。とうがんに竹串がスッと通るようになったら、【A】を加えてさらに5分間煮る。
(4)(1)の鶏肉にかたくり粉をまぶして(3)に加えて煮る。鶏肉に火が通ったら火から下ろし、器に盛ってしょうがをのせる。

※京 名料理人に学ぶ 日本料理教室 宝酒造株式会社・NHK出版「きょうの料理」テキスト共同企画より抜粋