宝酒造 HOME >  商品紹介 >  タカラ調味料 >  タカラ本みりん >  本みりん よくあるご質問

本みりん よくあるご質問

Qを押すと、回答が表示されます。


タカラ本みりんペットボトルの使用前のキャップの開け方は?

本みりんとみりん風調味料ってどう違うの?

一番の違いはアルコール分が含まれているかいないかです。本みりんはアルコール分が含まれているため酒税がかかりますが、酒類にしたくないためアルコールを入れずに作ったのがみりん風調味料です。お酒である本みりんは、酒税がかかるほか、販売するのに免許が必要などといった様々な制約がありますが、お酒だからこその調理効果を多くもちます。アルコールには煮くずれを防いだり、食材にうまみ成分をしっかり浸透させる効果などがあります。

> 詳しくはこちらをご覧ください

本みりんの色が濃くなってしまったけど、使っても大丈夫?

本みりんは、もち米・米こうじ・醸造アルコール・糖類などを原材料にして、長期間(30〜40日間)熟成させて製品化されています。その製造工程において、様々な「糖分」と「アミノ酸」が生成されます。本みりんの色が濃くなるのは、本みりんに含まれる糖分とアミノ酸が絶えず、少しずつ結びつく反応(メイラード反応)によるもので、豊富な糖分とアミノ酸を含んだ本みりんならではの現象です。この反応は保管場所の温度が高いほど着色も早く進みます。本みりんが着色しても、品質や調理効果には全く問題ありませんので安心してお使いください。

本みりんはどうやって保存したらいいの?

本みりんには約12.5〜14.5%のアルコール分と約45%のエキス分(本みりんの場合は糖分のこと)が含まれているため、常温で保存しても腐ったり変質したりしません。ただ、高温で保存したり紫外線に当たりますと、本みりんの風味に影響を与えますので、できるだけ直射日光のあたらない冷暗所で保存してください。

キャップに白いザラザラがつきました。これは何?

白いザラザラはエキス分の結晶です。本みりんには約45%のエキス分が含まれており、キャップの口についたアルコール分と水分が蒸発すると、残ったエキス分が白く結晶するのです。エキス分が結晶したもので、温めると元どおりに溶けます。


子供が食べる料理にアルコールの含まれた本みりんを使って大丈夫?

アルコールは煮沸することで揮発します。ですので、十分加熱する料理ですとアルコールは飛んで残りません。但し、和え物など、熱を加えずそのまま使う料理などでは、あらかじめ本みりんを加熱して煮切っていただくなどされると良いかと思います。


煮切りみりんって何?

「煮切り」とは本みりんを単独、または他の調味料とともに加熱して、アルコール分を飛ばす方法です。煮切りみりんはめんつゆやタレのほか、お菓子づくりのシロップとして使うことができます。


料理を作るとき、本みりんを入れるタイミングは?

本みりんには複雑な糖分やコクを付与するアミノ酸に加えて、アルコールが含まれており、最初に入れるとアルコールの働きが最大限活かされて、煮くずれを防ぐ、生臭みを消す、味のしみこみをよくするといった様々な調理効果を発揮します。但し、てりつやをつけるという調理効果に関しては、最後にもう1度入れることで一層つやよく仕上がります。1回で入れる場合は、アルコールの調理効果が十分発揮されるように、最初に入れていただくのがお薦めです。

本みりんを使わずに砂糖と清酒を使っていますが、料理の仕上がりは変わりますか?

砂糖の甘さと本みりんの甘さは質が違います。砂糖の直接的な甘さとは違い、本みりんに含まれる糖分は、9種類以上の複雑な糖分なので、奥深くふくよかな味わいに仕上がります。また、本みりんに含まれる糖分と豊富なアミノ酸が反応することで得られる特有の調理効果があります。コクや旨みに違いが出るほか、酢カドや塩カドをとって味をまとめる効果などは、本みりんならではの調理効果ですので、砂糖+清酒では得られないものです。


タカラ本みりんトップ