宝酒造 HOME >  企業情報 >  社長ご挨拶

社長ご挨拶

宝酒造株式会社は、酒類・調味料事業やバイオ事業などを展開する宝グループの中核事業会社として、国内における酒類・調味料事業および酒精事業を展開しています。

当社の酒造りの歴史は、江戸時代後期の1842(天保13)年に始まりました。それ以来170年を超える長きにわたって、時代や消費者が求める価値観や嗜好に対して、常に独創的で確かな技術に裏付けられた商品を提供してきました。

そして現在、清酒・焼酎や和の調味料の本みりんなど、日本の伝統的な酒類・調味料である「和酒」に強みを持つ国内有数のメーカーとして、独自の技術開発力と安定的な生産体制から生み出されるバランスのとれた商品ポートフォリオを築いています。

これからも、社会・経済状況の変化や嗜好の変化が予想されるなか、それぞれの時代の消費者の本質的な満足を追求し、技術で差異化された商品をお届けするとともに、食品メーカーとして安全・安心な商品を提供してまいります。

当社は、健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献するとともに、消費者の皆様に信頼していただける企業、社会に価値を提供することができる企業であり続けることを目指してまいります。

皆様には、今後も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

宝酒造株式会社
取締役社長
 村田 謙二