宝酒造 HOME >  商品紹介 >  タカラ調味料 >  タカラ「料理のための清酒」 >  タカラ料理清酒で作るとおいしい理由

タカラ「料理のための清酒」で作るとおいしい理由

料理に使うお酒、ちゃんと選んでいますか?
タカラ「料理のための清酒」は、飲む清酒よりも料理をおいしくする事にこだわった清酒です。
料理のために醸造した、タカラ「料理のための清酒」の「おいしい理由」をご紹介します。

その1:肉や魚の生臭みを消す有機酸が飲む清酒に比べて約20%アップ!(当社清酒比)タカラ「料理のための清酒」は、独自に開発した酵母「マスキング酵母21号」を使って「料理のため」に設計した清酒なので、生臭みを消す有機酸が飲む清酒に比べて約20%(タカラ「料理のための清酒」の場合、当社清酒比)多く含まれます。なので素材の持つ臭い成分をしっかり消し去り、料理が風味よく仕上がります。有機酸の含有量:当社飲用清酒(約880ppm)に比べて、タカラ料理清酒(約1100ppm)は20%アップ。
その2:コクやうまみを与えるうまみ成分が飲む清酒に比べて約2倍!(当社清酒比)タカラ「料理のための清酒」にはコクやうまみを与えるうまみ成分が飲む清酒に比べて約2倍(タカラ「料理のための清酒」の場合、当社清酒比)含まれますので、料理に深いコクとうまみが加わります。

また、食塩0(ゼロ)品質なので料理に余分な塩味がつきません。うまみ成分の含有量:当社飲用清酒(約250ppm)に比べて、タカラ料理清酒(約500ppm)は約2倍。