宝酒造 HOME >  商品紹介 >  紹興酒「塔牌(トウハイ)」 >  紹興酒「塔牌(トウハイ)」の伝統製法:伝統製法を受け継ぐ造り手

伝統製法を受け継ぐ造り手

潘 興祥 氏(Pan Xing Xiang)

1963年 浙江省紹興市生まれ
18歳で父親から紹興酒づくりを学ぶ。
紹興酒「塔牌」の製造元である
浙江塔牌紹興酒有限公司の
副総経理として製造・技術を統括する。
また、1997年より中国全国黄酒評委
を務める。

全国黄酒評委 酒類の品質向上のために、
中国全土から出品される
品質の高い酒の官能評価や
品質を評価する。
中国醸酒工業協会より選抜され、
現在中国国内で35名が
この職にあたる。

日本の紹興酒「塔牌(トウハイ)」ご愛飲の皆さまへ

歴史と伝統の酒

紹興酒は、紹興の人たちが二千年以上前に造り始めた歴史あるお酒です。私たちの祖先の知恵と努力の積み重ねである伝統的な製法を尊敬の念をもって継承しているのが紹興酒「塔牌」です。近代化により伝統ある財産が多く失われている今こそ、優れた価値を誇る紹興酒の本来の製法にこだわり、日々品質の向上に努力しながら紹興酒「塔牌」の醸造に携わっています。この不変の価値をひとりでも多くの人々が享受できるように。

手造りへのこだわり

紹興酒「塔牌」は、このように先人の築いた技術をかたくなに守り続けています。発酵から貯蔵・熟成にいたるまで、すべて手造りによる伝統製法です。自然の営みを尊重し条件の良い冬季だけに仕込みを行います。もちろん原料のもち米や小麦なども厳選し、品質の優れたものだけを使用します。そして、何よりも手造りの難しさは造り手の心を大切にすることにあります。手造りだからこそ造り手の気持ちや心情が、そのままお酒にも表れるからです。私は常々技術だけではなく真心を持って醸造に取り組むように心がけています。また、次世代を引き継ぐ若い人たちにもそのように期待しています。

酒造りの喜び

手造りによる製法は、あらゆる工程で細心の注意を払わなければならない苦労も多くありますが、酒造りの喜びも私たちに与えてくれます。厳しい冬の寒さの中、蔵に漂う酒の香気を吸い込みながら、甕からは酵母が発酵していく小さな音に耳を澄ませます。そして、熟成の時を待つ無数の甕が整然と立ち並んだ光景を目にすると、紹興酒「塔牌」の酒造りに携わる幸せを感じます。

紹興酒「塔牌」の深い味わい

紹興酒「塔牌」は、ゆっくりと味わっていただきたい。食事をしながら料理の美味しさをより引き立たせる紹興酒「塔牌」のふくよかな味わいを楽しんでいただきたい。その時きっと、先人達が築き上げた歴史に触れ、優れた技術に裏打ちされた伝統文化に触れる実感を覚えてもらえることでしょう。

潘興祥

ページ先頭へ戻る

  • Google+
  • mixi
  • Twitter
  • Facebook

伝統製法

  • 伝統製法へのこだわり
  • 伝統製法を受け継ぐ造り手

伝統製法を受け継ぐ造り手

1963年 浙江省紹興市生まれ
18歳で父親から紹興酒づくりを学ぶ。
紹興酒「塔牌」の製造元である浙江塔牌紹興酒有限公司の副総経理として製造・技術を統括する。
また、1997年より中国全国黄酒評委を務める。

酒類の品質向上のために、中国全土から出品される品質の高い酒の官能評価や品質を評価する。
中国醸酒工業協会より選抜され、現在中国国内で35名がこの職にあたる。

中華料理の調味料にはタカラ「料理のための紹興酒」

歴史と伝統の酒

紹興酒は、紹興の人たちが二千年以上前に造り始めた歴史あるお酒です。私たちの祖先の知恵と努力の積み重ねである伝統的な製法を尊敬の念をもって継承しているのが紹興酒「塔牌」です。近代化により伝統ある財産が多く失われている今こそ、優れた価値を誇る紹興酒の本来の製法にこだわり、日々品質の向上に努力しながら紹興酒「塔牌」の醸造に携わっています。この不変の価値をひとりでも多くの人々が享受できるように。

手造りへのこだわり

紹興酒「塔牌」は、このように先人の築いた技術をかたくなに守り続けています。発酵から貯蔵・熟成にいたるまで、すべて手造りによる伝統製法です。自然の営みを尊重し条件の良い冬季だけに仕込みを行います。もちろん原料のもち米や小麦なども厳選し、品質の優れたものだけを使用します。そして、何よりも手造りの難しさは造り手の心を大切にすることにあります。手造りだからこそ造り手の気持ちや心情が、そのままお酒にも表れるからです。私は常々技術だけではなく真心を持って醸造に取り組むように心がけています。また、次世代を引き継ぐ若い人たちにもそのように期待しています。

潘 興祥:サイン

  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • Google+