宝酒造 HOME >  商品紹介 >  焼酎 >  宝焼酎「純」 >  「純」の美味しさの黄金比率

じっくりと樽貯蔵

原料 糖化、発酵、もろみ 蒸留 樽貯蔵 割水、精製・濾過 ブレンド
それぞれの貯蔵熟成酒の個性に合わせて樽の素材や熟成年数などを吟味します。こうして、風味の異なる、いくつもの貯蔵熟成酒を育てていくのです。 宝酒造が保有する樽は約20,000樽。貯蔵熟成酒の種類は約85種類にも及びます。 樽貯蔵熟成酒の製造工程 NEXT 「純」の美味しさの黄金比率 やがて「純」となる各々の貯蔵熟成酒がその味わいの個性をより深化させる重要な過程が、この「樽貯蔵」。