トップページ >  環境活動 >  宝酒造 田んぼの学校 > おうちで田んぼ体験(バケツ稲)みんなの栽培日記

おうちで田んぼ体験(バケツ稲) みんなの栽培日記

稲の花が咲き、受粉が終わった後は、籾の中でお米ができます。
籾の中のでんぷんが固まって重くなり、色も緑色から黄色に変わり、稲穂が垂れてきます。
白く小さな稲の花、みんな見ることができたかな?

穂が出てお米に

賞白い花がかわいいで賞

  • image8月6日(田植えから83日目) 
    3個のバケツで栽培中の苗は順調に育っています。
    何故か?背丈が90cm、95cm、105cmと差が出ています。余って植えたペットボトルの苗は80cmと成長が遅れています。
  • image8月6日(田植えから83日目) 
    一番成長の良いバケツの苗の穂が膨らみだし、前日に緑の穂が顔を出し、朝白い花が咲きだしました。風に揺れアップの写真を撮るのに苦労し、やっと撮れた一枚です。

【ニックネーム】カール君  【都道府県】東京都  【場所】庭

春先、種もみをトレーで芽出しをして種まきをすると、風に揺れ頼りない苗が一斉に成長。
育った苗を捨てるのは忍びなく、急遽バケツを3個に増やし、それでも余った苗はペットボトルにも植えてみました。
どの苗もひ弱く感じ、1本では倒れてしまうことと何本かは枯れるのではと心配し、6・7本ぐらいを束にまとめバケツ中央に植え、もう一束を予備として少し離して植えました。
思いの外、枯れることもなくすくすく育ち、結局予備は廃棄し中央のみ残しました。
中央の苗は間引かずそのまま育てていますが、バケツで背丈の違い、穂の出方や成長に違いが出たのは、苗の本数の違いではと考えますが、少し苗の本数が多過ぎた気もしています。
穂が膨らみ、緑の穂に待ちに待った小さく咲いた白い花を見て大感激、ここまで育てば何とか秋の刈り取りが出来そう。
稲栽培の難しさとうれしさを実感し、秋の収穫を目指し毎日の観察と水やりを続けたいと思っております。

賞稲穂がたわわに実っているで賞

  • image先ベランダから室内に移動して撮影
    実るほど頭が下がる稲穂かな
    8月31日撮影
  • image

【ニックネーム】kinnkinn-minnminn  【都道府県】東京都  【場所】ベランダ

思いのほか水やりが頻繁です。
水が張ってあると一般の雑草が生えてきません。
このお米の、品種名は何でしょう

賞白い花が咲いたで賞

  • image 8月6日、稲の穂先に白いブツブツのようなものがたくさんついていました。
    これはもしかするとお花?なのでしょうか。
  • image 8月25日、穂先が伸びてきています。
    前日に台風が来ていたので軒先に、避難してもらいました。

【ニックネーム】うみちゃん5歳  【都道府県】奈良県  【場所】お庭の花壇

8月に入ると、茎の中からお米の形の実のようなものが顔を出すようになりました。
その周りに白いものがまとわりついて、徐々に茎の中身が伸びて来て稲穂になりました。
もう少しで収穫かな?
うみちゃんも楽しみにしています。

みんな、稲の白い花が咲いて、籾がお米の形に変わってきているね。
順調に生長してケロッ田もうれしい~!!

境子・境太郎の栽培日記

  • image8月30日 稲穂が垂れています。

【ニックネーム】宝 鏡子  【都道府県】滋賀県  【場所】庭

お米ができていて、重量で頭が垂れてます。
後は、稲の全体の8割ほどが黄金色になったら、収穫時期です。
稲刈りも楽しみで~す。


田んぼの学校TOPへ戻る