宝酒造 HOME >  商品紹介 >  タカラ調味料 >  季節のおいしいエッセイ

季節のおいしいエッセイ

風邪の予防

2006年2月23日(木)

かぼちゃ

2月、3月は風邪やインフルエンザで寝込みやすい月です。
しっかり手洗い、うがいでの予防はもちろんのこと、我が家ではこの季節、毎日の食事の中で、ビタミンAやビタミンCを摂るように心掛けています。 ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち、ビタミンCはウィルスに対する抵抗力を強くします。

ビタミンAが豊富な食材の代表といえばレバーやうなぎ。
しかし子ども達はレバーが苦手。
実は私もできれば食べたくない派です。
なので、冬はとくにカロチンを多く含む緑黄色野菜を食べるようにしています。
というのも、カロチンは体内でビタミンAに変身するからです。

我が家ではビタミンCとカロチンを多く含む野菜「かぼちゃ」を風邪予防によく食べます。一つで二度美味しいという感じです。
煮物はもちろん、スープ、天ぷら、サラダやみそ汁の具と様々なメニューに変身します。かぼちゃは、ほくほくタイプとしっとりタイプがありますが、私の好みはやはりほくほくタイプ。芋・蛸・南京と言われるように、女性の三大好物のかぼちゃはやはり、さつまいもと一緒で、ほくほく感がたまりません。

かぼちゃを煮るときには、ビタミンAは油と相性がよいので、ごま油でさっと炒めて煮るのが私流です。

丸ごとなら冷暗所で長期保存できるかぼちゃ。
でもカットされたものは腐りやすいので、種とわたを取り除き、ラップをして冷蔵庫に保存するのがコツだそうです。

おすすめレシピ

かぼちゃの含め煮

かぼちゃの含め煮
火を通し過ぎると煮くずれのもと。
鍋の余熱を利用して、ほっくり炊くのがコツです。

使用しているタカラの商品

タカラ本みりん

タカラ本みりんは、9種類以上の糖や18種類のアミノ酸など、熟成中にもち米から生まれる様々な成分が素材を引き立て、料理を味わい深くまろやかに仕上げます。