パッケージデザイン

世界的なグラフィックデザイナー“松永 真(まつながしん)”氏によるデザイン。1984年の発売当時から一貫して同氏が制作に携わる、シンプルかつ普遍性を追求したパッケージ。

〈松永真プロフィール〉

1940年東京生まれ。
国内外のポスター、企業CI計画を始め、数々のヒット商品のパッケージデザインなど、グラフィックデザインを主軸に、広範囲なクリエイティブ活動を行う。
氏の手掛けた数々のデザインは世界88カ所の美術館などに永久保存されている。
「タカラcanチューハイ」のパッケージデザインでは1987年「毎日デザイン賞1987」毎日デザイン賞を受賞。
発売30年を迎える2013年には「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。
また、ドイツ「ディ・ノイエ・ザムルング」やスイス「チューリッヒ造形美術館」などに発売当時の商品パッケージがコレクションされている。

パッケージデザインヒストリー

■1984年
“日本初の缶入りチューハイ”として1984年1月に誕生。
〈レモン〉〈純ハイ〉〈プラム〉〈グレープフルーツ〉をラインアップし、缶チューハイのパイオニアとして、缶チューハイブームの火付け役に。 商品パッケージはドイツ「ディ・ノイエ・ザムルング」、スイス「チューリッヒ造形美術館」にコレクションされています。誕生ヒストリー

■1987年
現在の形状と同じ、缶上部の口径を絞った4段ネック缶に変更。

■1999年
若い世代にアピールするため、丸みを帯びた柔らかく親しみのあるロゴにリニューアル。

■2003年・2013年
原点回帰として、2003年にロゴを発売当時のものに戻しました。2013年にはロングセラーであることが評価され、グッドデザイン「ロングライフデザイン賞」を受賞。

■2016年
「PREMIUM」ワードとともに、上質感を演出するデザインにリニューアル。

Page Top