宝酒造 HOME >  商品紹介 >  焼酎 >  宝焼酎 >  宝焼酎の味わい

宝焼酎の味わい

「宝焼酎」の製造工程:連続上流したピュアな焼酎と樽貯蔵熟成酒。

「宝焼酎」は、すべての工程において品質にこだわった商品づくりに取り組んでいます。ベースとなる焼酎には、原料にサトウキビ糖蜜を使用。「連続式蒸留機」で何度も繰り返して蒸留し、不純物を取り除いて限りなくピュアな焼酎をつくります。
さらに、大麦・トウモロコシを原料にして樽貯蔵で熟成させた焼酎をブレンドすることで、ピュアですっきりとした味わいを実現。長年、宝酒造が磨き続けてきた蒸留・ブレンド技術が、ふんだんに活かされているのです。

「宝焼酎」ができるまで

貯蔵熟成酒85種類・2万樽のこだわり:「宝焼酎」の おいしさの決め手はじっくり寝かせた樽貯蔵熟成酒。

「宝焼酎」はロックや水割りで飲むときはまろやかに、ミックスベースとしたときは割材の味を活かしながらも、焼酎の味がしっかりと感じられる酒質にこだわりました。

その決め手となるのが、樽貯蔵熟成酒の選定とブレンド比率です。宝酒造では約2万樽、約85種類もの貯蔵熟成酒を樽で寝かせてゆっくりと熟成させています。大麦・トウモロコシ・サトウキビ糖蜜といった原料や蒸留方法・精製方法など、それぞれの個性に合わせて、樽の素材や熟成年数などを吟味します。こうして風味の異なるいくつもの貯蔵熟成酒を育てています。

樽貯蔵熟成酒

「宝焼酎」の製造工程

連続蒸留したピュアな焼酎と樽貯蔵熟成酒。

「宝焼酎」は、すべての工程において品質にこだわった商品づくりに取り組んでいます。ベースとなる焼酎には、原料にサトウキビ糖蜜を使用。「連続式蒸留機」で何度も繰り返して蒸留し、不純物を取り除いて限りなくピュアな焼酎をつくります。
さらに、大麦・トウモロコシを原料にして樽貯蔵で熟成させた焼酎をブレンドすることで、ピュアですっきりとした味わいを実現。長年、宝酒造が磨き続けてきた蒸留・ブレンド技術が、ふんだんに活かされているのです。

「宝焼酎」ができるまで
次へ