新宿ゴールデン街 心で飲む街ゴールデン!

Vol.1「鳥立ち」祝杯を挙げるならゴールデン

クールなマスターがゴールデンを呑んで破顔一笑

東京・新宿歌舞伎町のゴールデン街は約250軒もの飲食店が蝟集(いしゅう)している酒徒(しゅと)の聖地だ。

花園5番街にある「鳥立(とだ)ち」(080-5405-6383)はまだ10年余の若い店で、マスターの中島雄人(たけひと)さん(44)は、詩人の平出隆氏率いる草野球チーム「ファウルズ」の現役選手だ。平和台球場での西鉄OB戦で惜敗したものの、中島さんは鉄腕・稲尾和久氏からレフトオーバーのツーベースを放ち、豊田泰光氏をして、「カーブはああやって打つもんだ」と激賞(げきしょう)せしめたほど。だが、中島さんは、「もう昔のことですよ」と至ってクールで、自家製のお通し作りに余念がない。

この日は半日もかけて煮込んだ牛タン。4月1日から新発売された宝焼酎ゴールデンをソーダ3、ゴールデン1の比率で割るゴールデンハイボールを呑んで一言、「苦味と渋みがなく、甘い香りが引き立ち、何杯でも呑めそうですね。絶妙なコクも感じますから牛タンの滋味を一層、引き出してくれるなあ」と、破顔一笑。「ゴールデンハイボールは喉ごしも爽やかなだけに色々なお通しにもきっと合いますね」

丁度そこへ20台後半と思しき常連客が3人。1人は念願の転職が叶った模様。早速、彼を主役に祝杯を挙げることに。紅一点のお客は、「ゴールデンは甘い香りでとても呑み易いですね」と言うや、たちまちグラスを空にした。主役のお客も、「このお酒は美味しく呑めてコクもある。今晩はこれで弾けますよ」と負けじとお代りをしていた。

  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • Google plus

TOPに戻る

TOPに戻る

※ 当サイトの掲載情報は各媒体の発行時期の内容となります。