宝酒造 HOME > 商品紹介 > 洋酒 > Blanton's > ザ・ブラントン・クラブ > ホテルバーでブラントンを > 札幌プリンスホテル

ザ・ブラントン・クラブ TOPページへ

  • フォトコンテスト
  • ホテルバーでブラントンを
  • ザ・ブラントン・クラブ 会員登録
  • ブラントン ブラントンサイトへ
  • 宝こだわり酒蔵で商品を購入

第12回〜札幌 札幌プリンスホテル スカイラウンジ「トップ オブ プリンス」

高層階からの夜景が特別な時間を演出する

 札幌プリンスホテルは、1972年に開催された札幌オリンピックに合わせて開業した。以来、観光やビジネスで札幌を訪れる人々や地元顧客に愛され続けてきたが、施設の老朽化に伴い建て替えを実施。2004年4月に地上28階の高層タワーホテルとして生まれ変わった。本格的なレストランや大規模な宴会場を有し、幅広い顧客層に利用されている。
 その最上階に位置し、訪れる人を見事な札幌のパノラマビューで迎えてくれるのが、スカイラウンジ「トップ オブ プリンス」だ。窓際にはカップルシートが設けられ、記念日などの特別な時間を過ごす若いカップル、ホテルで宴会を終えたビジネスマン、開業当時からの地元顧客など、実に幅広い層の利用者で賑わいを見せている。
 サービスリーダーを務めるバーテンダーの門間輝典氏は、同店のサービスポリシーを語る。「何よりもお客様に満足いただけるよう、お客様の目線で物事を考えるように心がけています。また、札幌の街には観光でいらっしゃる方も多いので、バーテンダーとしては、街の催事や観光情報などに常にアンテナを張って、最新の情報をご提供できるようにしています」。ちなみに門間氏は、現在HBA(日本ホテルバーメンズ協会)の北海道支部長でもあり、2010年に開催された「第27回HBAクラシック創作カクテルコンペティション」のグランプリ(国土交通大臣賞)をはじめ、数々の競技会で優勝を果たしている敏腕バーテンダーである。

第12回〜札幌 札幌プリンスホテル

第12回〜札幌 札幌プリンスホテル

水割りにした時の柔らかさ、滑らかさも魅力

 「トップ オブ プリンス」では、午(うま)年の新年にあたり、2014年1月1日から2ヶ月間、ブラントンのボトルフェアを実施。ケンタッキーダービーの競走馬と騎手をモチーフとしたボトルキャップに因んだとのことである。
 門間氏は「ブラントンは、シングルバレルのピュアな味わいを持ち、アルコール度数もしっかりとあります。骨格はしっかりしているのですが、芳醇でフルーティーな香りが印象的ですね。女性にもおすすめしやすいバーボンではないでしょうか。まずはロックスタイルでお楽しみいただきたいお酒ですが、水で割ると非常に滑らかで、柔らかい水割りができあがります。あと、カクテルのベースにするには少しもったいない気もするのですが、シトラス系の香りとすごく相性がいいので、多彩なカクテルができるのではないかと思っています」と、ブラントンの特徴や魅力を挙げる。
 ウイスキーは一時期シングルモルトブームがあり、その後国産ウイスキーにも注目が集まっているが、同店では最近バーボンが少しずつ伸びを見せており、それもボトルフェアを開催した背景になっているという。
 高層階からの絶景と世界の銘酒やカクテルで、利用客の目と舌を楽しませる「トップ オブ プリンス」。札幌の夜を贅沢に楽しむ、特別な場所である。

おすすめのブラントンの飲み方

ブラントン・ハイボール ホーセズネック・スタイル

 シトラス系との相性のよさを最大限に生かした、門間氏のオリジナルカクテル。通常のホーセズネックはレモンの皮を螺旋状に入れるが、敢えてオレンジを使い、ブラントンの味わいをより引き出している。皮に切り込みを入れて馬のたてがみに見立てるところにも門間氏の遊び心が伺える。オレンジの爽やかな香りの中、ブラントンの芳醇な味わいや炭酸のふくらみが楽しめる、シンプルながら、考え抜かれた至高の一杯である。

※ブラントン30mlにソーダを注いでステアし、オレンジ・ツイスト(螺旋状にむいた皮)をグラスに入れる。ソーダは勢いよく注ぎ、練るようにステアするのがポイントとのこと。

ブラントンベースのコスモポリタン

 こちらはベリー系の酸味ともブラントンの相性がよいことを発見できる一杯。クラシックスタイルのカクテル、コスモポリタンに門間氏がひねりを効かせたオリジナルのニューウェイブである。既製のジュースではなく、敢えて生果を潰したクランベリーの酸味に脇役のオレンジやパインといった果実が何とも言えない風味を醸し出す。その中でブラントンの甘い香りが芯を持って主張している。彩りも美しく、女性におすすめしたいカクテルだ。

※ブラントン45ml、生果を潰したクランベリー果汁15ml、パイナップルジュース15ml、グランマルニエ10ml、シロップ5mlをシェイクする。200mlの大ぶりなカクテルグラスで。

札幌プリンスホテルスカイラウンジ「トップ オブ プリンス」

札幌プリンスホテルスカイラウンジ「トップ オブ プリンス」

・住所 〒060-8615 北海道札幌市中央区南2条西11丁目 28F
・ご予約・お問合わせ 011-241-1111(代表)
・営業時間 日〜木曜日17:30〜23:00、金・土曜日17:30〜24:00
・席数 80

札幌の夜景を眺めながら、世界の銘酒やバーテンダーのおすすめカクテルがお楽しみいただけます。パーティープランや宴会や婚礼の後におすすめの二次会プランなど、お客さまの用途に合わせてご利用ください。

http://www.princehotels.co.jp/sapporo/restaurant/top_prince/

第11回 ホテル グランパシフィック LE DAIBA ダイニング&バー「スターロード」

第13回 ホテルメトロポリタン バー「オリエントエクスプレス」