宝酒造 HOME > 商品紹介 > 洋酒 > Blanton's > ザ・ブラントン・クラブ > ホテルバーでブラントンを > ホテルメトロポリタン

ザ・ブラントン・クラブ TOPページへ

  • フォトコンテスト
  • ホテルバーでブラントンを
  • ザ・ブラントン・クラブ 会員登録
  • ブラントン ブラントンサイトへ
  • 宝こだわり酒蔵で商品を購入

第13回〜東京 ホテルメトロポリタン バー「オリエントエクスプレス」

豪華列車のコンパートメントをイメージしたシックな雰囲気

 東京都豊島区池袋。3大副都心の一つに数えられ、百貨店・量販店・専門店・飲食店、さらには文化施設などがハイブリッドに集約された、多面的な顔を持つ街である。近年は再開発が進み、数多くの高層マンションも建設。一昔前の歓楽街のイメージから大きく脱皮しようとしている。ホテルメトロポリタンは、1985年に池袋駅西口に開業。以来、エリアを代表するシティホテルとして幅広い層の利用客を迎えてきた。JR東日本が展開するメトロポリタンホテルズの旗艦拠点としての役割も担っている。
 バー「オリエントエクスプレス」は、同ホテルのメインバーとして、2階のレストランフロアで訪れる人を静かに迎える。鉄道会社が運営するホテルに相応しく、かつてヨーロッパを疾駆した豪華列車「オリエント急行」に名前も内装も由来している。古き良き時代のコンパートメントをイメージした空間は、都心の喧噪をしばし忘れさせてくれる、まさに大人の隠れ家といった雰囲気を持つ。
 「ここはホテルの開業時から変わらない唯一の場所であり、30年の時間が積み重なっています。お客様もボトルキープをされるリピーターが多く、地元にお住まいの方にもよくご利用いただいています。非常に落ち着いた空間ですので、その雰囲気を保てるようにお客様へのケアなどを常に心がけています」。アシスタントマネージャーの長塩隆司氏は、バーの利用客層やサービスコンセプトをこのように語る。

第13回〜東京 ホテルメトロポリタン

第13回〜東京 ホテルメトロポリタン

生産者の自信がうかがえる他と一線を画す上質なバーボン

 「オリエントエクスプレス」には多くのバーボンがオンメニューされているが、その中でブラントンは特別な存在であるという。愛好家の中には、他のウイスキーは飲まないという人もいるとのことである。
 長塩氏は、「ブラントンは、すべてにおいて生産者のこだわりが凝縮されたシングルバレルバーボンだといえます。品質に余程の自信がないと、ここまでできないのではないでしょうか。甘い香りが余韻として長く続き、アルコール度数が高めであるにもかかわらず、それを感じさせない飲み口の良さがあります。数多くのバーボンの中でも一線を画すものだと思います。やはりブラントンそのものの味わいをお楽しみいただきたいので、ご要望がない限りカクテルではお勧めしていませんが、カクテルベースとしても幅広く使える懐の深さを併せ持っていますね」と、その特徴を説明する。これからブラントンをフィーチャーしたフェアの企画もあり、より多くの人にその魅力を知って欲しいという。
 「ホテルのバーは料金が高いというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、一度ボトルをキープすれば、次回のご来店からはかなり安い料金でお酒を楽しんでいただけるのがホテルバーの良さだと思います。そういった割安な利用方法もできますので、ぜひ一度足をお運びいただきたいですね。初めてご来店いただくお客様にもご満足いただけるよう、常に向上心や研究心を忘れずに、上質なサービスの提供を心がけていきたいと思っています」と、長塩氏は言葉に力を込めて結んだ。

おすすめのブラントンの飲み方

ブラントン ホーセズネック

 ブラントンと柑橘系の相性の良さを活かした長塩氏オリジナルのカクテル。ブラントンのキャップである競走馬に因んでスタンダードカクテルのホーセズネックをアレンジしている。女性のお客様を意識して、スパイラルにはレモンでなく、より華やかな香りを持つライムを使用し、ライムジュースと少量のシロップを加えることで、より柔らかい味わいを志向。見た目もライムの緑色が鮮やかで、ブラントンの芳醇な香りとライムの爽やかさが見事に調和している。

※ブラントン45mlにライム果汁5ml、シュガーシロップ1tsp、ジンジャーエール適量を加え、ステア。ライム果皮のツイスト(スパイラル)を飾る。

ブラントン オールドファッションド

 こちらも競走馬に因み、チャーチルダウンズ競馬場で生まれたと云われているスタンダードカクテルのオールドファッションドを長塩流にアレンジ。オレンジとブラントンの相性を考えて、角砂糖に数滴垂らすビターズにはオレンジ・ビターズを使用している(通常はアンゴスチュラ・ビターズを使用)。また、角砂糖を崩しやすいように、ほんの少量のソーダを加えるという工夫もある。自分の好みのスタイルで飲むというオールドファッションドらしく、多彩な楽しみ方をしてほしいという。添えられたオレンジを口にしながら飲むと、爽やかな風味が加わり、また違った味わいが楽しめる。

※角砂糖1個にオレンジ・ビターズを数滴、少量のソーダを注ぐ。氷とブラントン45mlを加え、スライスオレンジ、マラスキーノチェリーを飾る。

ブラントンにおすすめのおつまみ

コールドミートの盛り合わせ

 バーボンの香りと燻製した肉の相性がいいという観点で選ばれたコールドミートの盛り合わせ。少し辛さを効かせたイタリアンサラミ、ペッパーが入ったソフトサラミ、豚肉のパテ、ボローニャソーセージ、それぞれに違った味わいが楽しめる。バゲットとピクルス、ドライトマトも添えられた、バラエティに富む一皿である。

ホテルメトロポリタン バー「オリエントエクスプレス」

ホテルメトロポリタン バー「オリエントエクスプレス」

・住所 〒171-8505 東京都豊島区西池袋1-6-1 2F
・ご予約・お問合わせ 03-3980-1111(代表)
・営業時間 17:00〜24:00
・席数 37

オリエント急行をモチーフにした重厚感ある店内には、趣のあるカウンターとゆったりしたボックス型のソファ席があります。大人の雰囲気溢れる空間で、ゆっくりとおくつろぎいただけます。

http://www.metropolitan.jp/restaurant_list/orient/

ブラントンフェア開催

フェア期間中は、ショットフェア・ボトルフェアを実施します。
また、当ページで紹介しています「ブラントン ホーセズネック」「ブラントン オールドファッションド」がお楽しみいただけます。

第12回  札幌プリンスホテル スカイラウンジ「トップ オブ プリンス」

第14回  ホテルオークラ東京 スコティッシュバー「バー ハイランダー」