トップページ >  環境活動 >  タカラ・ハーモニストファンド > 助成先の声 >  村山 史世様

タカラ・ハーモニストファンド

助成先の声

地元の人々を巻き込んで、地域の生物多様性を保全しています。NPO法人あざおね社中 会長 村山史世 様

イメージ

「あざおね社中」は2011年、神奈川県相模原市の山間部に位置する青根地区の生物多様性の把握、環境教育、環境まちづくりを目的に活動をスタートしました。メンバーは麻布大学の学生と教員、市民。2012年は水田の生態系の調査をし、青根地区には個体数が減りつつあるカヤネズミやアカガエル類がいることが分かりました。この自然環境は非常に貴重です。そこで私たちはその価値を多くの人々に伝えるために、2013年は青根内外の小中高生も参加できる自然観察会を実施しました。こうした活動を通して地域の方々にも青根の自然環境の豊かさを知っていただき、生物多様性の保全へとつなげていきたいと考えています。

  • 助成先の声一覧へ

タカラ・ハーモニストファンドTOPへ戻る