トップページ >  環境活動 >  タカラ・ハーモニストファンド > 助成先

タカラ・ハーモニストファンド

助成先

つづけなければ、自然はつづかない。

生物多様性の保全など自然環境を守る研究や活動に、ゴールはありません。
1985年に設立し、今年で32年目を迎えたタカラ・ハーモニストファンドですが、 これもひとつの通過点。
これからも自然を守る研究や活動を支援していきます。
ここでは、これまでに日本全国に広がった助成先の中から、その一部を紹介しています。

タカラ・ハーモニストファンド/助成の一例

> 過去の助成先・活動報告

北海道
森林をフィールドにした野外活動の事例集(1992年)
青森
白神山地イヌワシ生息実態調査(2012年)
岩手
二戸市の名木・巨木調査(1994年)
千葉
市民・学生・地元農家連携による里山保全活動(2005年)
神奈川
カヤネズミを指標とした生物多様性調査(2013年)
富山
黒部峡谷の現生哺乳動物相の研究(2017年)
愛知
河口ヨシ原保全のための啓発活動(2011年)
京都
アユモドキの生息環境創成(1986年)
大阪
西日本の絶滅危惧タンポポの分布に関する研究(2014年)
岡山
カブトガニ保護調査(1987年)
広島
ミヤジマトンボ生息地の復活研究(2008年)
愛媛
宇和海の生物群集保全研究(1988年)
高知
ツキノワグマの四国地域個体群の生息調査(2003年)
大分
ベッコウトンボの幼虫飼養と増殖活動(2004年)
鹿児島
屋久島等におけるウミガメの産卵生態調査(1990年)
沖縄
クメジマボタルが生息する川の保全(2007年)

過去の助成先・活動報告


タカラ・ハーモニストファンドTOPへ戻る